東京イラストレーターズ・ソサエティ - Tokyo Illustrators Society

_

Hiroyuki Izutsu

Contact

TEL: 03-3940-5845

ベトナムのライフスタイルマガジン"T・POT"

2016.05.22

ベトナムのライフスタイルマガジン"T・POT" 表紙に僕の風景画を使ってくれました。Behance経由の仕事

Founded in 2015, T·pot is an independent food & lifestyle publication based in Vietnam. T·pot is dedicated to celebrating holistic living, delectable cuisine, atypical travel, beautiful design, and creative crafts. It is also a platform for a variety of young artists to showcase their diverse talents and share their unique stories

Online magazine"BARON"

2016.04.07

カナダのオンラインマガジン"BARON"にインタビュー記事が掲載されています。

An interview article appears on Canadian online magazine "BARON".

Portraitの目が行っちゃってます(笑

昼寝するお化け Landscape2

2015.07.27


銀座のASAGI ARTSで個展をやります。

銀座の路地裏でとても面白いところにあります。

Google Mapでも迷いました(笑)

チャレンジしてみてください

会期: 2015年8月1日 (土) - 8月10日(月)

時間: 月曜日~土曜日 11:00-19:00 

日曜日・ 祝日 11:00-18:00(最終日17時迄)

会期中無休

1日 レセプションパーティー 18:00-20:00


〒104-0061 
東京都中央区銀座6-4-13 ASAGIビル1F
東京メトロ丸ノ内線/銀座線/日比谷線
銀座駅C2出口 徒歩3分
JR新橋駅 銀座出口 徒歩8分
JR有楽町 駅銀座出口 徒歩5分

August 1~10 2015
Hours: Monday - Saturday: 11 a.m. - 7 p.m.
Sunday & National Holidays: 11 a.m. - 6 p.m.
The Last Day, 11 a.m. - 5 p.m.
Open 7 days a week during the show.

August 1st Reception party 6 p.m. -8 p.m.

TIS Events:Solo Exhibitions

2015.02.01

青山塾一般向け公開授業申込受付始まる

2014.11.03

イラストレーション青山塾では、2014年11月30日(日)に公開授業をいたします。青山塾で学んでみたい方のご参加をお待ちしております。当日は、午前の部で井筒啓之・作田えつ子によるモデルドローイングの授業を行います。午後の部では、舟橋全二・木内達朗による課題・講評の授業をします。日ごろの授業を実体験できます。
お申し込み後、課題をお送りいたします。ご参加される方は、授業当日に、制作した課題をお持ちください。

第1部 10:30~12:30
ドローイング科 モデルドローイング授業
講師:井筒啓之・作田えつ子
持ち物:濃い鉛筆と消しゴム

第2部 13:30~15:30
イラストレーション科 課題・講評授業
講師:舟橋全二・木内達朗
持ち物:事前に課題制作をしていただきます。

■会場 青山ブックセンター本店 大教室
■参加費
第1部 1,944円(税込)
第2部 1,944円(税込)
第1部・第2部 連続参加 3,240円(税込)
■定員 各部35名

申し込みなど詳細は青山塾HP
http://aoyamajuku.jp/info/2813/

英語のインタビュー記事。DESIGN BLOGArtful Club Interview With Illustrator Hiroyuki Izutsu

2014.07.24

Today, we are joined by Hiroyuki Izutsu , he is an Illustrator. You can view his portfoliohere.

  • FIRSTLY, CAN YOU EXPLAIN YOUR PROFESSION IN YOUR OWN WORDS AND HOW YOU CAME TO BE ABLE TO DO IT FULL TIME?

I started to work as an illustrator from 35 years ago and was painting a motif of family and couple for advertising, such as posters and brochures. Now I have more work for publications and create an image for cover and inside of book. Since I decided to live with this profession, I have shown my work to a lot of people and even did some works which everyone didn’t like. Through these various experiences, I have tired my best on every single work, then I could manage to work with major advertising agencies and publishers.

  • WHAT WAS YOUR EXPERIENCE WITH FORMAL EDUCATION – WAS PAINTING SOMETHING YOU STUDIED OR WAS IT DEVELOPED IN YOUR OWN TIME?

When I started my career , I was almost self taught. As I became a professional, I went to leant from a respected forerunner illustrator in Japan. I have developed my style of painting thought many works.

  • DO YOU WORK WITH AN ART DEALER OR GALLERY – OR IS EVERYTHING SET UP BY YOU?

As I work as a commercial illustrator, I don’t have them either.

  • WAS BECOMING A PAINTER FULL-TIME A DIFFICULT PROCESS?

We’ve all heard the starving artist stories. I don’t think it would be that drastic, because it was what I really liked. I worked thought the era there was no computer and facsimile, I think that I was working in an inconvenient environment.

  • WHAT INSPIRES YOU?

Nothing in particular, really. But I see always what I see and feel from my daily life in my painter point of view, for example there is a situation of how to put a glass on the dining table and what I felt from the book and movie. I often can get an inspiration from that kind of memories.

  • WHAT’S THE MOST CHALLENGING PROJECT OR JOB YOU’VE WORKED ON?

For two years, I had been working on a spot illustration of series of novel on the newspaper , which I had to work in 3-4 hours a day.I challenged to create a new style of work everyday which was different style front what I already established. It was well received from many medias and peers.

  • WHAT PROJECT OR JOB HAVE YOU HAD THE MOST FUN WORKING ON?

It was the job that I answered 6. And my own landscape project, called “Don’t give up Japan” It was deeply shocked to see the land that has been affected by the Great East Japan Earthquake. But there are still a lot of beautiful scenery in that area of Japan and would like to introduce to the world.

  • LASTLY, WHAT IS THE MOST SURPRISING THING YOU’VE LEARNT DURING YOUR TIME PAINTING PROFESSIONALLY?

I realised that I am always still in developing all the time, even I draw many years. And there is no end. I will keep drawing if there is a possibility to improve my work. It will not be a professional if you don’t want to push yourself.

Interviewed by Troy Hall

Translated by Agent Hamyak

【30T FINAL 2014】展覧会

2014.06.23

【30T FINAL 2014】 2014.7.17~7.23 30T最後の夏がもうじきくるよ!

30T展の準備してます。JAZZ・Tあります。


新メンバーは11人。
漫画家からは相原コージ。島田虎之介。平松伸二。望月ミネタロウ。
イラストレーターからは小田島等。白根ゆたんぽ。諏訪さやか。
キャラクターデザイナー高田明美。
デザイナーからはリリカルスクールなどのビジュアルを手がける吉田雅崇。渋谷系の始祖・信藤三雄。
ミュージシャンの大森靖子。

おなじみのメンバーは青木俊直。朝倉世界一。いしかわじゅん。和泉晴紀。井筒啓之。井上正治。江口寿史。小岐須雅之。オザワミカ。かせきさいだあ。上條淳士。きはらようすけ。空山基。寺田克也。中沢しのぶ。中田舞子。山田雨月。山崎沙也夏。和田ラヂヲ。

2014.7.17~7.23 30T最後の熱い夏。
今後の告知をお見逃しなく!
(30Tfacebookより)

TIS Events:Solo Exhibitions

2014.05.02

ギャラリーハウスMAYA・ネットショップで僕の作品が買えます

2014.04.25

2月に開催した「昼寝るお化け」展に沢山の方が見に来てくれました。ありがとうございます。

その時に展示した絵の中から、MAYAさんがセレクトした作品をMAYAさんのオンラインショップで販売しています。会期中どれも評判が高かったものです。

下のstoreをクリックするとギャラリーハウスMAYAのオンラインショップの僕のページに行きます。

store

The picture which MAYA selected is sold by the online shop of MAYA out of the exhibited picture.

2014.04.25

I held the "Monsters have a nap" exhibition in February.
The picture which MAYA selected is sold by the online shop of MAYA out of the exhibited picture.
Reputation is all high during a term.
If it clicks lower store, it will go to my page of the online shop of the gallery house MAYA.

Store

TIS Events:Solo Exhibitions

2014.04.14

イラストレーション青山塾 第17期生徒募集

2014.03.26

2014年度17期生募集中
イラストレーション青山塾 2014年度第17期生を募集しています。

履修単位
各科共通 1年間(2014年4月〜2015年3月)40コマ
授業日
ベーシック科 木曜日 19時〜21時 4月10日開講
ドローイング科 水曜日 19時〜21時 4月9日開講
イラストレーション科 金曜日 19時〜21時 4月11日開講
講師
ベーシック科講師:井筒啓之、舟橋全二、作田えつ子、木内達朗
イラストレーション科:舟橋全二、木内達朗
ドローイング科:井筒啓之、作田えつ子
受講料・定員
本体280,000円+消費税22,400円(計302,400円) 1クラス 35名
※2014年4月1日以降の消費税増税に伴い、消費税は8%となります。

お申し込みは青山塾HPの募集要項から
http://aoyamajuku.jp/about/guidelines/


第16期修了展の大賞受賞作品↓

第16期修了展の様子↓

青山ブックセンター本店↓


井筒啓之展「昼寝するお化けーLandscape-」

2014.02.24

昼寝するお化けーlandscapeー

週刊ポスト隔週連載曽野綾子エッセイ「昼寝するお化け」より
2014年2月24日(月)~3月8日(土)
11:30~19:00(日曜休廊)(土曜は17:00まで)

本日より開催します。

〒107-0061 東京都港区北青山2-10-26
tel 03-3402-9849 fax 03-3423-8622
http://www.gallery-h-maya.com
会場の都合によりお花は遠慮させて頂きます。

7年ぶりに展覧会をやります。今回は風景が主題です。

週刊ポストの曽野綾子さんのエッセイに描いていた絵です。
その仕事は自由度が高く好きにやらせてもらっていたので、
2年半前から日本の風景を描いていました。
風景画の自由さを還暦秒読み段階で知りました。
絵には小さく"Don't give up Japan"という文字をいれてあります。
flickrにもアップしていたからです。
そんな事を密かにやり続けていたら、ギャラリーハウスマヤのレンさんに
展覧会を、と声をかけていただけました。
展示するとなるとそのメッセージ的なものがもやもやとしていますが、
まあそういう恥ずかしい感じも開き直って見てもらおうと腹括りました。
下のチラシをダウンロードできると思います。
お時間がありましたらご高覧ください。

よろしくお願いいたします。


井筒啓之

TIS Events:Solo Exhibitions

2014.01.22

明けましておめでとうございます。

2014.01.01


旧年中はたくさんの人にお世話になりました。

本年もよろしくお願いします。

イラストレーション青山塾 2014年度第17期募集のお知らせ

2013.12.06



イラストレーション青山塾 2014年度第17期募集は2012年10月から募集開始しております。


<募集要項>

詳しい募集要項は、http://aoyamajuku.jp/about/guidelines/をご覧くださいませ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<授業見学のお知らせ>

2013年10月以降、入塾をご希望の方に授業見学を受け付けております。

詳細は下記URLからご覧ください。

http://aoyamajuku.jp/info/2247/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<公開授業>2013年11月17日(日)開催

来年度の入塾を検討されている方で、どの科を選べばよいかわからない、青山塾ってどんな塾?という雰囲気を知りたい、先生に会ってみたい、という皆様のために公開授業を開催いたします。

詳しくは、http://aoyamajuku.jp/info/2158/をご覧くださいませ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<ギャラリー展>2013年11月5日~11月18日

2013年度 第16期 ドローイング科、イラストレーション科の生徒によるギャラリー展を

開催いたします。詳しくはhttp://aoyamajuku.jp/info/2113/をご覧くださいませ。

TIS Events:Solo Exhibitions

2013.12.01

TIS Events:Solo Exhibitions

2013.09.01

30人のTシャツ展「30T」が始まります。

2013.07.01


吉祥寺のリベストギャラリー創というところで江口寿史さんが中心となってTシャツ販売の展覧会をやっている。去年はじめて誘ってもらい参加し、今年も参加することになっています。漫画家の方が中心ですが、少ないイラストレーター枠に空山基さんも参加。

去年の感じだと、みんな3,000〜5,000円で販売すると思います。

僕のTシャツは3,500円、サイズはGM /M /L /XLの4種類を予定。

7月11日〜7月17日まで。

18時ピッタリにギャラリーを閉めますので終了時間にはお気をつけておいでください。

リベストギャラリー創

よろしくお願いします。

TIS Events:Exhibitions

2013.03.19

TIS Events:Solo Exhibitions

2013.02.06

TIS Events:Announcements

2012.07.24

ことばの20世紀 東京イラストレーターズソサエティー

2012.07.03


網中いづるさんがfacebook&twitterで紹介してたのですが懐かしい映像が出てきました。


TIS Events:Exhibitions

2012.06.05

TIS Events:Exhibitions

2012.02.24

TIS Events:Solo Exhibitions

2012.02.19

代々木公園・チャコ

2012.02.05


昨年秋頃から土曜日、日曜日に用事があって、なかなかドッグランに来られなかったのですが。

昨日(2月4日)の土曜日に行ってきました。ものすごくいい天気で気持ちが良かったですよ。

でも相変わらず、僕らの足元から離れないようにしてますが。

ベン・シャーン展・神奈川県立近代美術館

2012.01.24

昨年末、星先生から電話があって

「いまやっているベン・シャーン展は見たほうがいいよ。

モチーフにした写真も展示されてるから、

写真から絵になる過程が井筒くんの勉強になると思う」

「あと、神奈川県立近代美術館がものすごくいいところにある」

とも言われました。


という訳で行こう、行こうと思いながら年を越し、もう2週間ぐらいしか

会期が残ってないよ、というタイミングで行って来ました。


ベン・シャーン展をみて思ったのは、自分の中のベン・シャーンを

再認識することだったのではないかということ。

僕自身はベン・シャーンに影響された事はないのだけれど、

僕が物心ついた時から、ベン・シャーンに影響を受けた先輩方の

作品を日常的に目にしていたわけです。

まあ、そういう図式というのは前々からわかってはいたのですが、

展覧会場でまとめてベン・シャーンの絵を見ていくと、ああ、やっぱり

そうなんだよな、と強く思うのでありました。


星先生が言っていた「いいところにあるよ」という

神奈川県立近代美術館は海に面して建っていて、真正面に富士山が

堂々とそびえ立っています。ものすごく雄大な景色です。

よりによって天気のあまりよくない日に行ってしまって残念ですが

それでも景色の素晴らしさに感激しました。


ベン・シャーンの作品を2時間ぐらいかけてみたのでお茶でも飲みたかったのですが、

美術館のなかのレストランは満員でかなり待たされそうなので、

バスで逗子駅のほうへ少し引き返し、葉山元町で降りてどこか探せばいいやということで

バス停からすぐに「レインボーカフェ」というお店に入りました。

民家を改装してカフェにしたんでしょうが中庭なんかもあってとても居心地がいいお店です。


お茶だけでなく軽いご飯も食べたのですが、料理もとてもおいしいところでした。

タマゴサンドを注文したのですが、タマゴサンドの玉子以外にオリーブと、

隠し味ではちみつが入っていてここのオリジナルなんでしょうね、美味しかったです。


ベン・シャーン展、今週の日曜日までです。

TIS Events:Announcements

2011.12.13

お家で印刷年賀状

2011.12.09

11月頃TISの事務局からお知らせがきた、年賀状用のイラストレーションを描いて(みんな文字までレイアウトしてる)使いたい人にダウンロードしてもらう話し、覚えていますか。

とくにTISに依頼というわけじゃなくて参加し者を募る告知だけをTISで引き受けたのですが、いろんな人が参加しています。

『お家で簡単印刷年賀状テンプレート屋さん』 https://dl.net-nengajo.jp/

ちなみにfacebookページもあります。http://www.facebook.com/yubin.jp

青山塾公開講座

2011.11.18

僕の教えている「イラストレーション青山塾」の公開講座が開かれます。

来季の入塾を考えている方はもちろん、どんな事やっているのかな?みたいな興味を持っている方

どうぞご参加下さい。


■ 当日は、第1部で作田えつ子・井筒啓之によるモデルドローイングの授業を行います。第2部では、舟橋全二・木内達朗による課題・講評の授業をします。日ごろ受講生の実力を鍛えている講師陣の生の講義を実体験できます。

イラストレーション青山塾WEBサイト
http://illust.aoyamabc.co.jp/

  • 開催日:2011年11月26日(土)
  • 時間:第1部 10:30~12:30 第2部 13:30~15:30
  • 会場:青山ブックセンター本店内・カルチャーサロン青山
  • 定員:各部 35名(定員に達し次第、受付を終了いたします)
  • 参加費:
    第1部 1,800円(税込) ドローイング科 モデルドローイング授業
    第2部 1,800円(税込) イラストレーション科 課題・講評授業
    第1部・第2部 連続参加 3,000円(税込)
  • 持ち物:
    第1部ご参加の方:濃い鉛筆と消しゴム
    第2部の課題・講評ご参加の方:
    事前に課題制作をしていただきます。お申し込み後、課題をお送りいたします。ご参加される方は、授業当日に、制作した課題をお持ちください。
  • お問い合わせ: イラストレーション青山塾事務局
    TEL:03-5485-5513
    Email:culture@aoyamabc.co.jp
    受付時間:10:00~20:00(土日祝日定休)

Photoshop

2011.11.10

東京デザイナーズウィーク

2011.11.03

東京デザイナーズウィークのSHOP EXIBITIHON "LOVE"ステッカーラリー。

TISが協力したステッカーを5枚集めると、すごい景品が当たるよ。

ステッカーの絵柄がもっと大きく分かりやすいとといいのになぁ〜と思った。



あとこんな事もしてます。


東京デザイナーズウィークLOVEステッカー

2011.11.02

東京デザイナーズウィークのARIGATOプロジェクトの一環、「LOVE」ステッカーです。

僕のは Z"AKKA展 東京都渋谷区神宮前5-51-3 GALERIA 2F に置いてあるそうです。

ステッカーを10種集めた方にはTOKYO DESIGNERS WEEKオリジナルグッズや

参加SHOP提供の商品をプレゼントがあるそうです


よろしくね。

TIS Events:Solo Exhibitions

2011.10.25

TIS Events:Announcements

2011.09.14

ラ・ノビア

2011.09.12

最近寝る前にペギー葉山のラ・ノビアを聞いている。

僕が子供の頃よく耳にしていた曲だ。

高校生の頃ギターを弾き初めて、この曲を自分でもよく歌っていた。

よく知っている曲だと思っていたのだけど、

僕が聞き覚えていたのは倍賞千恵子のラ・ノビアだったのかも。

ペギー葉山のラ・ノビアはYoutubeでもいくつかアップされているが

やはりこの若い頃のラ・ノビアが心に一番沁みる。


チャコと会員推挙委員会

2011.09.07

今日はTISの事務局でこれからの会の方向性なども含めて

難しいルール作りの会議がありました。

大体の大筋は出来上がりましたが会員の方々の賛同を得られるかどうか、

プレゼンテーションが大変かもしれません。

外から見ると親睦団体というか仲良しグループ的なイメージがあるTIS。

それはそれで当てはまる事なのですが、実は堅い話もやってます。


写真は最近すっかりお姉さんになりつつあるうちの犬チャコです。

でも追いかけっこが好きで毎日誘われるのですが、

少しソファのまわりをグルグルするだけで息が上がります。

WISH MARK「被災地のための新しいプロジェクト」

2011.09.02

あなたの書いた一年後への「願い」を、東北の地、七夕の地、仙台へ。

2012年8月6日、日本中の願いが、仙台七夕祭りへと集まります。

あなた自身が未来を想い描くことで、日本は希望の国へと変わります。

この商品の売上から必要経費を除いた収益全額が、
出版文化産業振興財団(JPIC)を通じて、
図書や本棚の提供や、読みきかせ運動など、被災地の
子どもたちのための読書支援活動に充てられます。

被災地のための新しいプロジェクト

ビビとスマイル展

2011.09.01

一昨日、リクルートのクリエイションギャラリーG8で「スマイル展」のオープニングパーティーでした。

ギャラリーのスペースが広くなっているにもかかわらず、例年よりも人が多く感じました。

実際お客さんも出品した会員も多かったのだと思います。

震災後、TIS関連で大きな企画がなかったので仲間の顔を見たかった心理もあるのかな、と思いました。

それと初日の前の日と当日のtwitterでの宣伝効果も大きかったのじゃないでしょうか。

普段はあまりいらっしゃらない会員以外のイラストレータの方も沢山お出ででした。

雨の中お越しくださってありがとうございました。


代々木公園のドッグランへチャコを連れて行く

2011.08.29


ここ数日はなんとなく秋の気配を感じますね。

暑いときはちょっと行く気がしなかったのですが、

チャコを連れてドッグランに行ってきた時の動画です。
リードを外すと僕らの足元から絶対離れようとしません。

いいんですかね〜(笑 

だから僕が歩きまわってチャコを遊ばせてます。

なんか普通の散歩と大して変わらない。

だけどここに来るとたくさんの犬がいるのでとても面白いのです。

チャコも元気です。

2011.07.13


代々木公園のドッグランによく行くのですが、僕らの足元から離れません。

それでもドッグランデビューから半年以上は経っているので、少しずつ他の犬との

挨拶もほんの少しですが出来るようになってきています。

でも梅雨明けした先週末は暑すぎて昼のドッグランは無理そう。

気長に社交性を身につけさせるしかないですね。


梅雨明けといえば、犬用のバギーカーを購入。

僕らと一緒に仕事場へ連れていくのですが、その時間帯の道路は灼熱なので

乗せていきます。

去年はまだ小さかったので抱いて行っていたのですが、もう成犬と同じ体重になったので

ちょっと僕がきついんです。


そんなわけで猫と犬と、なんだかんだと楽しくやっています。



びびと今年の節電

2011.07.12

今年の夏はもう6月ぐらいから始まっていて、暑いのなんのって、それはもう大変。

うちの母親にエアコンをちゃんとつけてる?と聞いたら、節電でつけてないという。

それでよく聞けば、だるくて頭痛もしていたというから

「それは立派な熱中症だから無理矢理でもつけなさい」と言っておきました。

今年80歳ですから、ちょっとした油断が怖いです。

ところでうちの猫ビビも最近はこの玄関のひんやりしたタイルが気持いいらしく

玄関に居付いています。

前はうちの人のクロゼットの奥のほうにいたのですけどねぇ。


東北の復興に電力は欠かせないはずなのに、いつの間にか
日本列島全体が電力不足。
おかしいですよね。

原発の安全も政府の責任なら電力の安定供給も政府の責任。

原発ではまだ死人は出ていませんが熱中症では死人が出ています。


とにかく皆さん暑さに負けないようにくれぐれもお気をつけて。

トッパン・フォームズ「きずな展」に参加します。

2011.05.19


しっかりしようよ日本!!

最初の頃はがんばるぞ日本と言っていたのですが、こんな事態になっていても政治家たちの仲間割れや、原発が危ない避難しろ、やれ安全だと、うんざりしています。

だから「しっかりしようよ日本」です。

そんな中、トッパン・フォームズ主催の「きずな展」に参加します。

上に挙げたWEB上でアップした「Don't give up Japan」の原画を2点出品します。

チャリティオークションなのでご自由に値段をつけて落札してください。

よろしくお願いします。

詳細はこちら


ありがとう

2011.04.15

3月11日、東日本大震災が起きた日から、もうそれまでの日本とは全く違う日本に

なってしまった。あの東北各被災地の映像は太平洋戦争の焼け野原になってしまった

日本を想起させる。戦前と戦後が思想も価値観も全く違ったように、東日本大震災も

今までの思想や価値観もひっくり返るぐらい変わってしまう災害なのだろう。


3月14日の夜、僕はこのTISのサイトのトップページに「明けない夜はない。負けるな、日本」

と描いた絵をアップしました。

そしてこのトップページがすべて応援メッセージで埋まると、大きな声になって

誰かに届くかもしれないと思い、まずHP委員や会員推挙委員のメンバーに声をかけてみました。

するとみんな心よく引き受けてくれて、あっというまに「PRAY FOR JAPAN」や「祈ります」

というイラストレーションと言葉の応援メッセージをアップしてくれました。

これは会員の皆さんにも声をかけたらすごいことになると思い、事務局に協力してもらって

皆さんにもお知らせすることになりました。

そしてTISのトップページはすぐに皆さんの心のこもった応援メッセージで埋め尽くされました。

皆さんが次々とアップしている途中でサイトを製作してくれたAQから連絡があり

「いまアクセス数が格段に伸びて普段の3倍近くになっている」という連絡を受けました。

まだその解析を見ていないのではっきりは言えませんが海外からのアクセスがかなり

あったのではないかと思います。

応援メッセージが載りはじめてすぐにイギリス在住の日本人イラストレーターから

連絡があり、イギリスでも同じようなことをやりたいので作品をアップして欲しいと

いう依頼もありました。

特に具体的に何か役に立っつことが出来たわけではありませんが、皆さんの気持は

日本のみんな、世界のみんなに届いたんだろうと思います。

それが募金やボランティアへの足がかりになったり、沈んでいた心を絵で勇気づけたり

出来たかもしれません。

皆さん、どうもありがとうございました。

皆さんのメッセージはある期間ずっとツイッターの方でアップのお知らせをしていましたが

その言葉と絵に涙がでそうでした。

本当にありがとうございました。

TIS Events:Announcements

2011.04.01

TIS Events:Solo Exhibitions

2011.03.30

研究会

2011.02.24

本文と写真は関係ありません。

昨日TISの事務局で「会員推挙研究会」の会議がありました。

先日怪異の皆さんに書いていただいたアンケートをもとに

来週の総会においてどういう事をお伝えするか、というような内容です。


会員推挙研究会ていう名前がややこしいですね。


公募展以外にも会員を募る機関をつくるために

定款などをどう変えていくのか研究する会です。


詳しいことは総会の場で都筑さんからお話ししますが

皆さんからのご意見を期待しています。




阿川佐和子さん

2011.02.08

新潮社の楠瀬さんという編集者が小説新潮にいた頃

僕にかなりの数、さし絵を注文してきていたと思う。

阿川佐和子さんも楠瀬さんが担当の作家でした。

阿川さんのさし絵を僕は楽しく描いていたのだけど

ある日YOMYOMという雑誌が出来て阿川さんのその小説は

そちらで書くことになって、僕の手を離れた。

面白い小説だったので、その後どうなったのか、気になっていた。

そんなある日、和田さんのパーティーで阿川さんとお会いして

あの主人公はその後どうなったの?

ちょうど今最終回を書いているの。

行き詰まるとさし絵で書いてくれた絵を見て初心に戻るの。

そうだ本のカバー、井筒さんに頼んでいいのかしら?

というような話になった。


それで、まあそんな簡単に僕に決まるものではないが

新潮社の会議で検討されて僕に依頼することになったのでしょう。

その本の装画を書くことになった。

それが阿川佐和子3部作の始まりだった。

「婚約のあとで」

その後すぐに別の装画を描いた。

「スープオペラ」

という具合につづき

そしてこの写真が今進行中の3部作目のカバーです。

阿川さんがこの作品に鳥獣戯画のイメージを持っているらしく

井筒さんに井筒版鳥獣戯画を描いてほしいと頼んでもらえないかという

編集者の話だった。

井筒版鳥獣戯画って言われても、僕が僕の絵でアレンジしたら

鳥獣戯画がテーマだなんて分からなくなる。

だからこんなアイデアを出してみた。

ぼくが鳥獣戯画を模写して、その中にオリジナルにはない

この小説のモチーフを入れ込みましょう。

装幀室の担当の望月さんも、最初の井筒版鳥獣戯画には

不安そうな顔をしていたけれど、だんだんのってきてくれて

僕がますますのって描けるようなアイデアを出してくれた。

おかげで普段こういうチームじゃなきゃ絶対出来ないような

面白い仕事ができました。

もうすぐ発売です。

見本誌が届いたらまたお知らせします。

ottoパン

2011.02.03


今日の朝食はパンですが、このパンは祐天寺にある木内達朗さんの弟さんがやっている

ottoパンというお店のパンです。

ツイッターでも評判が良いので一度食べてみたいなと思っていたのです。

お皿の上に乗っているのは、バゲットとライ麦パンかな〜、ちょっとあやふや(笑 

昨日食べたチーズパンのチーズのたっぷりな事、びっくりするぐらい沢山入ってる。

ここは柿八というインテリアのオーダー家具の店もあって行くと2度美味しいですよ。

なぜかビビが興奮してました。


HP委員会

2011.01.27

あたらしいホームページが出来て8ヶ月。

毎日見てますが、このトップ画面がいつも更新されていて

とても活発な印象を与えていてとても良いです。


月曜日にHP委員会を開きました。

ご自分で更新などが出来ない方々のために代行で更新をするための

打ち合わせです。

まず従来のホームページでは毎年5点の更新を事務局の方で

行っていたので、今後も5点までは委員の方で行っていく事という

方針です。

ただこのホームページは一人千点ほどアップ可能なので

まとめてアップしたい方には実費というか人件費ですが

それを負担していただく有料制で、ということで大筋の意見がまとまりました。


ご自分で更新が出来る人と出来ない人の不平等差があるという

ご意見が事務局に寄せられている事も議題に上りました。

更新を出来る方達は機材を揃える金銭的にも使い方を覚える

時間もご自分の仕事以外に費やしています。

とくに今仕事をする上でパソコンの環境を整えるというのは

イラストレーターのみならず、社会的必然ではないでしょうか。

その昔、ファクシミリを導入する時代もありましたよね。

そういう仕事の上でのインフラを整備してきた人達と

パソコンはいらないとしてきた人、またパソコンはあるが

時代に合わせず昔に買ったままの人達が、このTISのサイトで

同じ恩恵を受けていたら、そちらの方が不公平ではないでしょうか。


出来ない人を斬り捨てるとか置いていくとかそういうことではありません。

そのためにもどうやって代行作業をしていくのかという会議をしているのです。

不平等だという人はごく少数ですが、本当の平等というものを今一度考えて欲しいと思います。


これは僕の個人的な意見ですが、またいずれ委員会として

正式な表明を総会の場でしたいと思います。

今アンケートが皆さんの所に行っているかと思いますが、

思いつくところを遠慮無く書いて返信してください。

よろしくお願いします。



正月

2011.01.03



1月2日、靖国神社へ。今年は午前の早めに行きまして昇殿参拝。

初めて本殿に上がったのですが、清々しい気分。

うちの人が神主さんがおじゃる丸と同じ格好をしていると喜んでいました。

午後からは弟一家が来ました。

写真は姪と甥とランディ。

ランディはうちのチャコより1ヶ月お姉さん。

チャコはランディ姉さんにビビりまくり。

ランディもうちのチャコも猫のビビも井筒に来てから初めてのお正月です。

母親と弟一家に動物3匹。

賑やかな正月になりました。


1月3日は午後から鬼子母神。

毎年電車で行っているのですが、今年はチャコの散歩がてら歩いてみようと

いうことになりました。

大きな通りを行くとかなりの回り道になるので、iPhoneのアプリ「全力案内」

で路地から路地へ右に曲がったり左に行ったり。

「全力案内」がなぜこんな細い道まで知っているんだと感動しました(笑 

さて帰り道ですが、勢いでここまで歩いてきましたが、多分3㎞ちょっとあるはずです。

この辺りは休むところもなく、このまま歩いて家まで帰る体力も自信もないので

電車に乗りました。チャコを電車に乗せるのは初めてで(普段、車なので)

心配でしたがドッグスリングの中でおとなしくしていました。

駅前のスタバでコーヒーとサンドウィッチで休憩。

家に着く頃には日が暮れかかっていました。


日の出

2011.01.02

毎年初日の出の写真を撮っていたのだけど、今年は寝坊して撮れなかったんです。

今日は目覚ましが鳴っているのに気がつき起きたら、昨日セットした時間でした。

ここから1月2日の日の出ショーです。

ちなみに真ん中から少し左の塔のようにそびえ立つのは東京スカイツリーです。


理事会

2010.12.21

本文と写真は関係ないです。
可愛いので載せてみました。

昨日18時からTISの事務局で理事会が開かれました。

来年の2〜3月ぐらいにTISの総会を開くのですが、それに向けて議案書の確認です。

気をつけて見ていくのはやはり収支報告やら来年度予算の数字ですね。

会員の皆さんから会費の使い方を託されているわけですから

いろいろ考えながら議論しながらやっています。

あと会員推挙の方法を変えるための新しいルール作り研究会みたいなのがあるのですが

これからのTIS像というものを提案されたのでそんなことも議論しています。

終わったのが23時近く。

年末の理事会はいつもこんな感じになります。

事務局の皆さん、お疲れさまでした。


夜中にflickrで

2010.12.19

僕のflikcrのページへ訪ねてくれた人の作品を見てみたら

とっても良い感じなので紹介したいと思って

URLを載せますね。

この人のオイルペインティング作品が載ったページもちょっと

載せておきます。


あとこの人のライブペインティングのYouTubeにあります。

猫と戯れる

2010.12.15


この猫がビビといって我が家の猫です。

メスで推定1才6か月。

ビビはうちの人に完全になついていまして、僕には愛想がないです(笑

でもうちの人がいなかったり寝ていたりすると、僕と良く遊んでくれます。

このまえ「そういえばブログにビビのことアップしていなかったな〜」と

気がつきまして、昨日ビビの撮影会をやりました。

カメラを向け始めたら、なんだかもだえ始めました。

伸びをしたりごろごろ転がったり。

こんな禁断のポーズも。

昨夜は双子座流星群で流れ星が見られるというツイートで

ベランダに出てみたら曇っていて残念な夜でしたが、

猫とこんな楽しいことやってました。


会員推挙研究会

2010.12.07


昨日の夕方から「会員推挙研究会」が開かれました。

今、現在の会の定款、ルールでは公募展に出してくれた人から

会員になりませんか、とお声掛けする事になっています。

それを公募展に応募しなくてもすでにプロとして充分活躍している人に

会員になってもらえるよう、今の定款を変えていこう、

という事を目的に話し合っています

ところがルール、定款を変えるとなると

TISの性質、TISの活動の仕方、TISの規模など、会員全体に関わる大きな問題が続出。

この研究会で出した結論をTISの会員の皆さんに提示して意見をお聞きするという

大きな議題になってきました。


この会に集まった主なメンバーは40代。

これからこの会を運営していく世代です。

そういう人たちが「こういう会がいいな」という形があれば

今の体制からスムーズに移行していければいいと思います。

委員長会議

2010.11.30


昨日の夕刻からTISの各委員長が集まりました。

何故集まったかというと、来年度の予算を全体の

数字を見ながら各委員会の予算を話し合うためでした。

今までは各委員会が個々に予算を算出していたのですが

今年、事務局長の山崎杉夫さんの提案でこういう会議の場を

持つことになったのです。

会の活動は会費でまかなわれているのですから、お金の使い道

は慎重かつ有効に。

その意味でもこういう話し合いの場を持つのは良いことだと思いました。


帰り、影山徹さん、都築潤さんたちと事務局の近くのロータスで

ご飯を食べながらイラストレーションのことをあれやこれやで

12時近くまでお喋りしてしまいました。


いまブログやホームページ、twitter、facebook, mixiなどなど

コミュニケーションツールには事欠きませんが、やっぱり直に会って

顔を見ながらのふれあいは大事ですね。

木内さんのゴールドメダル

2010.11.29

木内達朗さんがSociety of Illustratorsの「ILLUSTRATORS 53」の

Institutionalカテゴリーでゴールドメダルを受賞しました。

去年のシルバーメダルに引き続きの快挙ですね。

Institutionalカテゴリーというのは木内さんに聞くところによると

広告以外の企業、機関の発行物、つまりカレンダー、機関誌、切手、

株主報告、展示物、ニュースレター、グリーティングカード、etcという事です。

木内さんが受賞の感想としてブログに興味深いことを描いています。

ここ数年、木内さんは英国の切手、スタバの広告など世界的な仕事で

我々を驚かせてくれますが、彼のブログにもあるように、

まさにワールドワイドな土俵の上で勝負している意識が高いからでしょう。

ananコニャンコ&ワンコ138

2010.11.25


うちの人が僕の知らない間にマガジンハウスのananのこんな企画に応募してたんですよ。

で、先日編集部から「最終選考まで残りましたので副賞3000円」というお知らせを受け取りました。

だけど、その最終選考まで残った結果、紙面に載るのかどうか分からなかったのですが、

今発売されているananを買ったら、うちのチャコの写真が載っているではありませんか!!

左ページのノドに近い列の真ん中あたりに「チャコちゃん」と紹介されてます。

ビビとチャコの今日この頃

2010.11.22

猫のビビがうちに来たのは去年の1月。

犬のチャコが来たのが5月。

チャコが来た頃、すでにビビは大人になりかけていた。

チャコは2ヶ月の子犬だったから、遊びようがないというか、

ビビが興味を持って近づいていくと喜んで飛びかかって

「遊んで、遊んで」状態に「そこまで付きあえんわ」てな感じで

逃げて行ってた。

でも最近ではケージ越しにこんな光景が見られるようになった。
よく知人からは犬と猫が一緒に寝たりするの?なんて聞かれる。

もちろんそうなって欲しいのだけど、

それにはもうしばらく時間がかかりそうなのです。


もう大人なのよ。チャコ

2010.11.15


先月の終わりぐらいからチャコの様子がおかしかったので、病院へ2回連れて行ったけど

特に問題はなかった。

その2回目の病院の後、翌日か翌々日だったと思うけれど、チャコの右足に血がついている

のを発見。初めての生理が来たのです。

体調が思わしくなかったのも生理が原因かと思います。

(今度医者に行ったときに聞いてみます)

出血している間は「生理前期」といって、まだ発情期ではないので、散歩などは普通にしています。

ただやはり他の犬と出会わないようにはしていますが・・・。

WEBなどで調べると7〜10日ぐらいで出血は止まるらしいのですが、もう2週間になりますので

ちょっと長いな〜と思っています。これも個体差があってもう少し様子をみることにします。

と、まあ考えてみれば今年の5月に我が家に着たときはよちよち歩きで、ホントに小さかったのですが

約半年でもう大人の体になってしまいました。


この写真は「ふせ」の命令で撮らせたポーズですが、「お座り」でも「ふせ」をするときがあり、

まだその違いが飲み込めてないようです(笑

最近のチャコ(7か月)

2010.11.02


もう成犬の体格になってきたのじゃないでしょうか。

体重はミニチュアダックスの規定よりすこし重い5.25㎏あります。

昨日チャコの足に血がついていて、よく観察するとどうも初潮を迎えているようです。

あっというまに大人ですよ。


スタンプの人気

2010.11.02


今日TISの事務局でイラストノートのTIS blakeのページの打ち合わせ。

その後、絵画館前で行われているデザインアソシエーション主催の

デザイナーズウィークに行ってきました。

皆さんにお願いしたスタンプですが、かなり人気があるようです。

入ってすぐの所にスタンプのおいてあるテーブルがあるのですが

かなりの人だかりでした。聞くところによれば週末はこんなものじゃないらしいです。

TISとしては本当にささやかな協力ですが、こうやって人に喜ばれるって

いいなぁと思うのです。

今日の昼間、編集者から電話があって、仕事の話のあとに

「これから自転車でスタンプを集めに行ってきますよ」と言ってくれました。

4㎝×4㎝のイラストレーションですが、そうやって人が動いてくれるって

嬉しいですよね。

TIS Events:Announcements

2010.10.28

絶滅危惧種のスタンプ

2010.10.27


10月22日から東京デザイナーズウィークのショップエキジビションのスタンプラリーが始まっています。

ふだん描いている絵とはまた違った絵を皆さん描いているので面白いですね。

さすが東京イラストレーターズソサエティですね。


僕自身は以前からデザインアソシエーションのサイトを利用させてもらったりして

東京デザイナーズウィークには何らかの形で参加していたのですが、今年、デザインアソシエーションの事務局、越智さんから僕へTISに協力してくれないかとの打診がありました。

数センチ四方のスタンプの絵柄ですし、絵そのものを見せるものでもないし、時間もないし、どのくらいの会員が参加してくれるかどうか分からなかったのですが、通信理事会というやり方で正式に参加を引き受ける事になり皆さんにお知らせしたところ91名の会員が参加してくれました。

正直なところ僕が思っていたよりは多くの方々が参加してくれました。

宇野亜喜良さん、和田誠さんという大ベテランから今年入会した新人会員までバランスよく

ラインナップが揃いました。

11月3日までです。

お時間のある方はスタンプラリーをやってみてください。



TIS Events:Announcements

2010.10.27

「8月の果て」すべてアップロード

2010.10.26

朝日新聞で掲載された「8月の果て」をこのまえぼくのブログのほうで全作品アップロードしましたが

flickrにもアップロードしてあります。

こちらからどうぞ「8月の果て」

ただアップロードした数字を見ると本来なら598枚あるはずなのですが596枚となっていて2枚抜けているようです。

時間があるときにどれが抜けているか探して追加しておきます。

「葦舟、飛んだ」328回分アップロード

2010.10.18


毎日新聞で2009年4月から今年の4月まで一年間連載していた

津島佑子さんの「葦舟、飛んだ」

そのさし絵を全部アップロードしてあります。


婚約のあとで文庫色校正

2010.10.08

今日新潮社から阿川佐和子さんの「婚約のあとで」の文庫の色校正が届いた。
新潮社装幀室の望月さんがデザインをしてくれている。

望月さんといえばずいぶん前に江国香織さんの「薔薇の木 枇杷の木 檸檬の木」という本の装丁を見て

ジャケ買いをしたことがあります。


イラストレーションは水上多摩江さん。このイラストレーションも最高に良いですよね。

装丁のクレジットには「水木奏」という名前が記されています。

イラストレーションを活かすも殺すも装幀家のデザイン次第。

水木さんっていう人と仕事ができたらいいなと思っていたのですが、

その水木さんが望月さんだったのです。


「婚約のあとで」は親本が2年前に出たのですが、装幀の担当が望月さんだと知って

とても嬉しかったので、水上、水木コンビに負けないよう良い仕事をしなければと

気が引き締まりました。

で、仕上がりはこんな感じになりました。

文庫のほうは婚約という言葉から結婚、結婚ならブーケということで白い花束を

イメージしていたようですが、白い花は描けないよ、ということで、

親本と同じチューリップをモチーフにして描きました。

完成されたら、またこのサイトの「作品」にアップしますので

よろしくお願いいたします。




モフモフなビビ

2010.10.07

良くわからないけどこういうところが好きなんだな。

最近猫のビビも犬のチャコにずいぶん慣れてきて

飛びつかれ遊ばれても、少しは大丈夫になってきた。

というか落ち着いてかわすようになってきた。

僕とチャコが遊んでいると、チャコの尻尾を

つかもうとしたりしている。


チャコが昨日夜中にもどしたので病院へ連れて行った。

たいしたことは無いようだけど、今日は一日静かにさせておいた方が

良いようだ。

ほぼ毎日夜にチャコと一時間弱散歩するのは楽しいのだけど

昨日はちょっと距離が長すぎたのかな。

そんなわけで今日はうちで遊びました。


TISビアパーティー当日の詳細

2010.10.03

今日はよく晴れて気持ちの良い土曜日でした。

昼の12時から二子新地駅から数分の多摩川の河原で「ビアパーティー」

ま、BBQなんですけど、アウトドアじゃない人が多そうな会ですから

事務局が気を利かせてこういうネーミングにしたらしいです。

ちょっと遅れて二子新地でみんなと合流。

早速河原へ行くともうテントも張られていました。

業者に頼んだので手回しは良いですね。

参加人数は25人ぐらいだったでしょうか。

去年と同じぐらいということです。

今年は玄光社の片桐さん(イラストレーション誌元編集長)も参加してくださったり

顔ぶれはちょっと変わったような気がするのですが、よくわかりません(笑

昼間のビールは美味しいですね。

肉は豚、牛、鶏とオールスター。

魚貝は、ホタテ、海老。

締めは焼きそば。

途中で平野レミさんが他のテントからつきたての餅をもらってきて

食べたり、綿飴もどこかからもってきてたな〜。

こんな感じで午後4時頃まで和気藹々と飲み食いしてきました。

展覧会などのオープニングパーティーとはまた違って、仕事とは何の関係もない

集まりだった訳ですが、それはまたそれで新鮮な出会いが楽しいですね(笑


このあと、二子玉川駅まで歩いて橋を渡り、二次会。

参加者の半分くらいは二次会に来てたのかな?

わりと僕と同世代が近くの席になって盛り上がりましたが、

考えてみれば、この世代がこうやって集まるのってあまりないですね。

これからはもっと交流を深めましょうよ。

そんな感じで午後9時頃まで居酒屋にいました。


また来年もこういう催しをやるそうです。

僕はアウトドア的なことは苦手なんですが、この会のメンバーとなら

楽しいです。

また参加させてください。


事務局長の山崎杉夫さん、菅さん、浅野さん、松井さん、

どうもありがとうございました!


讃岐うどん食べてきた

2010.09.20



18日と19日の土日で香川県の高松市に行ってきました。

叔母の旦那さんの7回忌の法事です。

お葬式以来ですから高松は6〜7年ぶりということになります。

今回はうちの人と一緒に行って井筒家のお墓にもお参りすることに。

お墓は2個所にあって、大昔のご先祖さまのお墓の方は次回にして

市内から近いところにあるお墓に行ってきました。

その場所には巨人の名コーチとして有名だった牧野さんのお墓があって

ボールのモニュメントがあるのですぐに分かります。

夜は美味しい魚料理を食べたいとiPhoneとガイドを屈指して

歩き回りましたが、結局見た目グッときたお店に飛び込みで入りました

「天馬」という店ですが、サンマ、鯛が美味しかった。

今年出来たばかりのお店でネットでもあまり情報がないのですがお薦めです。

天馬を出てホテルへの帰り道セルフサービスのうどんを食べようよ、ということになり

流行ってそうな店でかけうどんを食べて200円ちょっとだった。

高松のうどんは安いよね。

翌日もうどんを食べようよということで、屋島の「わらや」へ行ってみましたが

やはりここのうどんは美味しい。

高松に住む従兄弟に讃岐うどんの味が全国的に有名になってから

少し変わったようなことを聞いていたけど「わらや」は変わらない味だと思います。

その後瓦町にあるTAGというギャラリーへ。

団扇展を見終わってコーヒーを飲んでいたら、うちの人の携帯に

○社の編集者Sさんから電話が。

僕のさし絵の〆切りが過ぎていてデッドラインで焦って僕を捜しているとのこと。

予約してある飛行機の便だと仕事場に着くのがどんなに早くても8時頃になると伝える。

印刷所に掛け合って確認をとってみるという事でいったん電話を切って、待つ。

しばらくしてその時間でも大丈夫だという電話が入る。

東京のタクシー会社に到着便の番号と時刻を伝えて車の予約をする。


というわけで二日目はなんとなく中途半端な観光で切り上げましたが

久しぶりの高松は楽しかったです。


ちなみにさし絵は〆切りには楽々間に合わせて出来上がっていたのだけど

向こうからもこちらからも連絡をしなかったというお粗末な話でした。

チャコもうすぐ6か月

2010.09.17

5月9日に我が家にやってきた犬のチャコは3月20日生まれで

もうすぐ6か月になります。

散歩もなかなか上手くなりましたよ。

僕の横にちゃんとついて歩きます。

でも最近「お座り」をしないんです。

ちょっと前まで僕が立ち止まると、それだけでお座りをしていたのに。

(トレーナーの先生に教わってしつけたんですよ)

トレーナーの先生が言っていた「反抗期」かなとも思っています。

まあ、そんなことがいろいろあっても楽しい毎日です。


TIS Events:Announcements

2010.09.06

東京都現代美術館とビビ

2010.08.30

昨日の日曜日、青山塾の基礎科の生徒たちと一緒に東京都現代美術館に行ってきた。
メインの展示はジブリなのだけど、混んでいるから常設展で良いよねということで
これを見てきました。
昨日も外はうだるような暑さ。でも展示を見た後は月島に移動してもんじゃ焼き。
もう汗をかきまくりながら食べました。

うちに帰るとビビ(猫)とチャコ(犬)が待っています。
汗が引いた頃、チャコを夜中の散歩に連れ出して
またびっしょり汗をかきました。

こんなに汗ばっかりかいているのに体重は減らない。

最近ビビ(猫)はソファの僕の指定席を陣取ります。

嫌われるのもいやなのでその横に座らせてもらっています。


チャコの5ヶ月目

2010.08.21

昨日の夜、うちのチャコが妙に荒くれていて

ケージの中から隣接した部屋の壁にまで

噛みついてクロスを破いたり、水の入った

ボトルまで噛み破りそうな勢い。

うちの人がケージから出して、ひっぱりっこをして

遊んであげていた。

そしたらポロポロとチャコの歯が抜けていきました。

よほど歯がむずかゆかったのでしょうね。

今年の3月20日生まれですから

昨日でちょうど5ヶ月目になるのかな。

しかし犬の写真を撮るのは難しいですね。


タンバリンギャラリー

2010.08.20

毎日うんざりするよな暑さです。
こんな時期に展覧会で申し訳ないですが
タンバリンギャラリー、気持ちの良い空間です。
金曜、土曜、日曜、残すところあと3日です。

3日ともギャラリーに行きます。

詳しい在廊の予定はツイッター

ご覧いただけるとより詳しく

分かると思います。


タンバリンギャラリーの展示

2010.08.19


火曜日からタンバリンギャラリーで始まりました

「井筒啓之 井筒りつこ原画展」ですが、

初日は猛暑の中たくさんの人にお出で頂いて

本当にありがとうございました。

タンバリンギャラリーは上の写真のように

白を基調としたお洒落なギャラリーです。

出来たばかりのギャラリーですので

これから是非ごひいきに。

TIS Events:Announcements

2010.08.17

ビビと展覧会の告知(今日から)

2010.08.17


今日から日曜日まで展覧会です。

今日は展覧会の初日でたくさんの人が来る・・と思うけど。
帰りは深夜になりそう。
夜中までビビは留守番ね。
犬のチャコはそこまで留守番の訓練が出来てないから
うちの前の動物病院で預かってもらいます。

「井筒啓之 井筒りつこ原画展」
8月17日(火)〜8月22日
タンバリンギャラリー
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前2-3-24
Tel:03-5770-2331 Fax:03-5770-2332
open 11:00-19:00 日・月曜休
Mail:tambourin-g@cosmos.ocn.ne.jp

啓之は週刊ポストに連載中の曽野綾子さんのエッセイ
「昼寝するお化け」のさし絵を中心に展示します。
書籍のカバーなどとは違う縁の下の力持ち的な
イラスト レーションを表舞台に立たせます。
りつこは最近の仕事の原画とオリジナルを展示します。
自由でオリジナルな「絵」とイラストレーションの関係を
お楽しみい ただけると思います。

井筒啓之 井筒りつこ原画展

2010.08.13

展覧会をしますのでそのお知らせです。
出来たばかりのギャラリーですが、外苑前から
千駄ヶ谷方向にキラー通りを歩いてビクターの
手前左側にあります。
 
「井筒啓之 井筒りつこ原画展」
8月17日(火)〜8月22日
タンバリンギャラリー
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前2-3-24
Tel:03-5770-2331 Fax:03-5770-2332
open 11:00-19:00 日・月曜休
Mail:tambourin-g@cosmos.ocn.ne.jp

啓之は週刊ポストに連載中の曽野綾子さんのエッセイ
「昼寝するお化け」のさし絵を中心に展示します。
書籍のカバーなどとは違う縁の下の力持ち的な
イラスト レーションを表舞台に立たせます。
りつこは最近の仕事の原画とオリジナルを展示します。
自由でオリジナルな「絵」とイラストレーションの関係を
お楽しみい ただけると思います。

ビビは玄関がお気に入り

2010.08.04

まだまだ赤ちゃんのようなミニチュアダックスのチャコとはうって変わって

近頃のビビはすっかり大人びてきました。

ちょっと気がかりはいつも玄関の大理石的なところで寝てるのです。

だから外から帰ってきたときはいきなりドアを開けられません。

いまのところそれほど外に出たい素振りは見せず、ドアが開いても

じっとしてますが、そっと開けたドアから外に対して興味津々の時があります。

うちに来る前は外に出してもらっていたので油断は出来ませんよね。


チャコの成長

2010.07.28

最近犬のチャコは日々大きくなっているような感じだ。
だいたいもう抱き上げたときの重さが違う。

4ヶ月だからまだまだ赤ちゃんみたいなものだろうけど、うちに来たときにはよちよち歩きだったのに、

今では散歩も僕の速度に合わせて歩けるようになったし、僕が止まればチャコも止まってお座りをして待っている。

(そうやって躾けたんですけどね)

そういうのが自然に出来ると良いんですけどね、まだ集中力がないから、「お座り」「待て」とコマンドを出しても

しばらくすると立ち上がる。

まあしかし一日一日学習していくのを見るのは楽しいものだ。



HP講習会

2010.07.26

今日はTISの事務局で講習会がありました。

TIS Events:Exhibitions

2010.07.15

チャコ及び事務局会議

2010.07.14


最近赤ちゃんというより子犬らしくしっかりとやんちゃになってきたチャコです。
ちょっと僕の手を噛むのは勘弁してもらいたい今日この頃です。
というわけで今日は事務局会議というのがありまして、事務局の3人と事務局長の山崎杉夫君と5人で各委員会の進行の具合や、今後の会のスケジュールにどう対応していくか、その他いろいろ会の運営のために打ち合わせをしたわけです。

こういう人達がいるから僕たちの活動が上手く進行しているんですね。

ビビがキーボードの上で

2010.07.07

先日、犬のチャコを風呂場で全身を洗ってみました。
足もとを洗うときは大人しくしているので「大丈夫かな」と思ったのですが、
全身にシャンプーをしてゴシゴシ泡が立ち始めたら遊びと勘違いしたのか大騒ぎです。
2人がかりでやっとの思いで終わらせました。
おかげできらきらした毛並みが戻りました。
さて、全身を洗ってみたいといえば猫のビビです。
毛が抜け替わる時期はもう家中毛だらけで大変だったのです。
その時全身洗ってみようかと、うちの人と話し、ツイッターでつぶやいたところ、
ほとんどの人が大変な思いをしている。
猫の爪で引っ掻かれているんです。ネットで調べてもやはり難しそうなので諦めていました。
この写真のビビはキーボードの上に乗っかっていますが、
パソコンの換気口なんかもう大変なものです。
ほぼ諦めてはいたのですが、昨日動物病院へ寄る用事があって
猫のシャンプーが出来ますか?と聞いたところ出来ると言うじゃありませんか。
こんどの換毛期には専門家に任せることにいたしましょう。

靴がいるかな

2010.06.30

最近散歩にも慣れてきたチャコです。

この写真は自宅から仕事場へ行く時に撮ったものですが

昼時で晴れていたので照り返しでチャコの足が心配でした。

一応出かけるときにアスファルトの部分を触ってみて

大丈夫だろうと思ったのですが。

ま、そんな心配をよそにチャコは元気に歩いていましたが。

これからもっと暑くなりますから、チャコ用に靴を

用意したほうがいいかもしれません。

ちなみにちゃんとした散歩は朝夕の涼しい時間にやってます。

チャコのお散歩

2010.06.24

先週末ぐらいからチャコ散歩に連れて行っている。

最初は道の匂いを嗅いだり、座り込んだりしてしたけれど

歩き始めたら思っていたよりもちゃんとついてくる。

でもなにか不安なのか怖いのだろうか、しきりと僕の顔を

のぞき込み、しばらく歩くと僕の足もとに飛びついてくる。

きっと抱っこしてほしいんだと思った。

トレーナーの人にメールでその状況を報告したら、

飼い主の顔を見ながら歩くのは良いことだと、でも

抱っこは抱き癖がつくので抱かないように言われた。

著作権委員会の引き継ぎ完了

2010.06.24

今日TISの著作権委員長が林恭三さんから影山徹さんに引き継がれました。

林さんはTISの発足以来20年以上著作権委員の仕事をされてきました。

いろいろなことをお一人でこなして来られて大変だったはずですが、

TISのためと頑張ってこられたんだと思います。

以前電話でお話を伺ったとき著作権というイラストレーターにとって重要なことなのに

会としてはあまりにも関心がないことを林さんは嘆いておられましたよ。

林さんの辞退の意向を受けて影山さんに打診をしたところ快く引き受けていただきました。

これからインターネットによって著作権の概念も変わっていくでしょう。

影山さんを中心に委員会が新しく作られていくわけですが、会員一人一人がもっと

積極的に著作権のことについて関心を持っていけると良いなと思いました。


TIS Events:Announcements

2010.06.24

ビビが添い寝

2010.06.23

普段僕には素っ気ないビビなのだけど、この前ベッドで寝ていて起きたら

ビビが横で寝ていた。猫は本当に気まぐれなんだな。

君の音

2010.06.21

和田さんの息子さん率くんが花嫁に送った歌。曲は唱くん。


お散歩の準備

2010.06.14

先日も書きましたが、もうすぐお散歩が出来るチャコです。

そのためには首輪とリードに慣らさなければ!ということで

数日前から一日に何回かリードを付けています。


もうすぐお散歩デビュー

2010.06.11

3回目のワクチンを打ち終わりましたので、もうすぐお散歩にいけるのですよ。

その予行練習で仕事場の行き帰りは抱っこ。

チャコの心臓の音が早くなってます。

早く外に慣れましょうね。

ビビとチャコ

2010.05.25

さてうちは猫が来て、その4ヶ月後に犬が来たわけだけど

心配なのは、2匹が仲良くなれるかどうか。

とりわけ猫が難しいらしい。

とくに大人になってしまうと尚更難しいと言われたことがある。

でもミニチュアダックスのチャコが来てから、猫のビビは

興味はあるようだった。

でも近づくと吠えたり追いかけたりされてビビはなかなか

チャコに近づけない。

ところが、チャコがケージの中で寝ているとそっと近寄り

鼻と鼻をくっつけるではないですか。

もう4〜5回そんな場面を見ました。

最初、見たときは鼻をくっつけた後、吠えられてささっと

逃げていたビビですが、このまえは鼻をつけてもチャコも

平気な感じだったので、ゆっくりとした感じで鼻をつけていました。

猫の方から嫌がらずに犬に近寄っているので、何となく期待が持てます。

TIS Events:Solo Exhibitions

2010.05.24

TIS Events:Announcements

2010.05.18

犬もうちにやってきた

2010.05.11

日曜日のお昼、待っていた子犬がついに我が家にやってきました。

ミニチュアダックスのスムースでメスです。

名前は「チャコ」と名付けました。

先住猫のビビは少し困惑気味ですが、ちょっとずつ近づきつつあります。

仲良くなってくれるように祈っています。

ビビ抜糸する

2010.05.08

今週の水曜日に動物病院へ行って手術の傷口の抜糸をしてきました。

キャリーバッグに入るとき、今までになくビビは抵抗しました。
きっと手術がトラウマになってるんです。

病院の待合室で待っているとビビが震え始めました。

僕もこれにはびっくりしました。

よほど嫌な思い出で怖くなったんですね。

でも抜糸をしたあとはけろっと元気になりました。

ちょっと可哀相な思いをさせたけど、これもビビのためだと思います。

ビビのいない日

2010.04.27

今日はビビがいないのだ。
避妊手術で病院に一泊することになったからです。
雌だし家猫だし、手術をしなくても良いならしないでいいかな、と思っていたけれど、
最近のビビの様子を見ていたら、うちの人も僕もちょっと考え方が変わってきて手術を
受けさせることにしたのです。
しかし、3ヶ月一緒に暮らしただけなのに一日いないだけで何かさびしい感じですよ。

ビビと頭痛

2010.04.13

僕は一年前から頭痛外来に通っていて、月に10〜15回ぐらいあった頭痛をいろいろな薬を試しながら
今では月に5回も無いほどになった。しかも頭痛が起きても痛みは軽微な痛みで、マクサルトという頭痛
専門薬を飲むと30分ほどでスッキリと治る。ビビが来て一ヶ月経ったとき月に5回ほどだった頭痛が2回になった。「先生に何か変わったことがありましたか?」と聞かれたので「猫を飼ったんです」と答えたら
妙に納得してくれた。

TIS Events:Announcements

2010.04.08

花見とビビ

2010.04.04

今日は千鳥ヶ淵に花見に行ってきましたが、寒かったですね。

帰りに山の上ホテルに寄ってランチを食べてきました。

昔伊集院静さんに天ぷら「山の上」でご馳走になったことがあります。

ランチなら予約なしでも大丈夫かと思いましたが、1時間半待ちといわれ諦めました。

でも地下のコーヒーパーラーのカレーも絶品でした。

ビビが膝のうえに

2010.03.27

猫のイメージでひとつあったのは縁側で胡座かいてたら、膝の上に猫が乗ってきて、
そこで眠る、みたいな。
実際飼ってみて、それは簡単にできない事なんだな、と知りました。
でもここ一日二日、パソコンを見ながらちょっと膝の上に
ビビを乗せるとしばらくじっとしています。
あと爪を切るのがなかなか難しく、しばらく放っておいたのですが、
さすがにちょっと引っ掻かれただけで痛いので、昨日爪切りにチャレンジしました。
うちの人が抱いてビビに爪切りを見せないようにしていたら案外大人しく切らせてくれました。

ビビのお気に入り

2010.03.22

ビビのお気に入りの籠です。
元々スリッパを入れていたんだけど、スリッパの上から入ろうとしていて、こちらが根負けしてビビに明け渡しました。猫って狭いところが好きなのですね。あとニューバランスが入っていた靴の箱とかにもすっぽり入っていたりしますね。

ビビは大人しい

2010.03.01

ビビを早速ペットの病院へ連れて行ってワクチンの注射をしてもらいました。
先生が「ずいぶん大人しい子ですね」と驚いていました。
僕たちには他の猫と比べようがないのでわかりませんが、たしかに思っていたよりも静かです。
ただ僕らは来たばかりで猫をかぶっているのかな、と思いましたが、いろいろな猫を沢山見ている先生の言うことですから大人しい方なんでしょうね。
さすがに今はうちに来たときよりも動き回っているのでずいぶん慣れてきてます。

猫がうちに来ました。

2010.02.24

1月18日、我が家に猫がやってきた。新しい家族です。
名前は「ビビ」です。
よろしくお願いします。

彼女は吉祥寺の捨てられた子猫でした。
吉祥寺にお住まいの寺館さんという漫画家のかたが保護してくれて里親を捜していました。それを雀部さん経由で聞いたうちの人がもらってきました。うちはペットを飼うのが初めてです。ドキドキもので子猫がうちにくるのを楽しみにしていましたが、やはり良いものですね。
実は犬も飼うことにしまして今探してもらっています。



All News