東京イラストレーターズ・ソサエティ - Tokyo Illustrators Society

_

Keiko Kimura

Contact

TEL: 03-3999-5065 080-5472-5626
FAX: 03-3999-5065

Bruce Weber

2013.11.18

今回は、お宅訪問ではなく、単にお会いしたというお話。http://www.filmforum.org/movies/more/bruce_weber#nowplaying

上記のようにNYにある映画館 FILM FORUMにて2013年11月15日よりブルース・ウェーバーフェスティバルが開催。ご本人も登場して観客とQ&Aも行われた。日本では写真家としては有名だけれど、映画監督としては意外と知られていないかも。何本かドキュメンタリー作品があります。私が見たのはジャズトランぺッター・シンガーのチェット・ベイカーを取り上げた"Let's Get Lost"。同名に彼のヴォーカルがある。

25年前のドキュメンタリーでチェットが死ぬ前年に撮られたもの。2時間のモノクローム長尺。

昔のガールフレンド2人と3回の結婚のうちの一人と子供達、チェットの母、友人などが登場しコメントする。当時のミュージッククリップなどは入っているがなぜか同業のジャズマンのコメントは出て来ない。全体にクローズアップの多様とレファレンスもそれと同列に動き回るカメラワークは迫力。若いチェットの美貌と現在のチェットの顔に深く刻まれた皺のコントラスト。「もうみんな死んじゃった」と共にプレイした往年のジャズマン達の名前が次々と語られる。恐らくは孤独な天才達が唯一奇跡的に同じ時代を共有した幸福だけを胸に、強烈な孤独の中しかしチェットの言葉はどこまでもスウィートアンドソフト。彼のプレイとヴォーカルも満載の彼への愛に溢れた秀作でした。さて、ブルース本人はパパヘミングウェイを彷彿とさせる風貌。語り口も優しいナイスガイ。英語表現で言えば"Down to earth"な好人物。映画鑑賞の後、トライベッカにあるレストランでの夕食の宴にご招待頂きましたが残念ながら私の英語力のなさでほとんど会話はできませんでした。映画エディターのアンジェロ、なんとUSヴォーグのクリエイティブディレクター赤毛の髪も迫力なグレイス・コデントン、ブルースの強力なパートナー、ナン・ブッシュにもご挨拶させていただきました!またまた、そうやって私のミーハーな夜は更けてゆくのでした。photo by Bruce Goldstein

TIS Events:Exhibitions

2013.03.19

TIS Events:Exhibitions

2012.06.05

TIS Events:Exhibitions

2012.02.24

TIS Events:Solo Exhibitions

2011.10.01

Paul Davis宅

2011.09.25

今回は、プッシュピンスタジオでおなじみのポール・デイヴィスさん宅。(若い方のポール・デイヴィスではありません)私の若かりし頃の憧れ、あの「プッシュピンスタジオ」!デイヴィスさんに会えるなんて。

長生きはするものです。ニューヨークはマンハッタンで1954年に誕生したイラストレーター集団「プッシュピンスタジオ」。デイヴィスさんのお宅とアトリエもマンハッタンにありますが現在は半分に縮小されて、主にはマンハッタン住人の避暑地、サグハーバーという素敵な町のセカンドハウスに奥様のマーナと2匹のゴールデンレトリバーで住んでおられます。8月の暑い日、私たちはロングアイランド鉄道に乗って郊外に向かう。車窓はどんどん木々が多くなる。外にむき出しになっているサグハーバー駅到着。まさに田舎の無人駅風。電車を降りると乗降客で混雑するプラットフォームの向こうにひときは高くストローハットが見える。私はなんとなくあれがデイヴィスさんじゃないかなと思っていたら、同行の主人が「たしかご本人が迎えにいらして下さっているはず」と。プラットフォームを降りて、やはり彼でした。ストローハットがお似合いのデイヴィスさんはにこやかに私たちを迎えてくださいました。彼の運転するヴォルヴォに乗ってお宅へ。海辺に近い2階建てのお家のテラスからまた満面の笑顔で迎えて下さった奥様のマーナさん。まずはテラスでお手製の冷たいハーブティーをいただきました。

さて、基本は主人の仕事でデイヴィスさんにポスター依頼の話なので私はおまけ。でも、つたない英語で少しお話しました。プッシュピンスタジオ時代はシーモアとミルトンのイラストレーションに対する考え方にとても刺激されたとの事。彼らはイラストレーションの事だけでなく色々な事に興味があって今でも脈々と続いているアメリカの伝統的なイラストレーションには無かった新風を吹き込んだ人達だったのですね。

ポール・デイヴィスさんといえば、チェ・ゲバラの肖像やセロニアス・モンクのレコードジャケットなどが思い浮かびます。そしてあの忘れがたいサイン文字。しかし、イラストレーターになる前は漫画家になりたかったというデイヴィスさん、でも彼のまわりには漫画のとても上手い人達がいて自分はあきらめたのだとか。ご本人はもの静かで優しい感じのお人柄で巨匠を前にしてしてしどもどする私はとても助かりました。

その当時のスタジオの活気は凄かったとオフィスマネージャーをしていた奥様のマーナさん。ロングアイランドにある学校にお金を寄付する為に色々な人の協力で「ポテトブック」を出版。日本でも、伊丹十三さん翻訳、矢吹申彦さんの表紙で評判になりました。トルーマン・カポーティの前書き、イラストレーション、エッセイ、ポテトのレシピなど、ジャガイモ一つがテーマにも関わらず多彩で豊富な内容に感心しました。

日本にファンが多いデイヴィスさん、何度も来日なさっているとか。主にデザイナーとの交流が多く、横尾忠則さんとは特に御親しいと伺いました。

終始あたたかい雰囲気でもてなして下さったポールさんとマーナさんに感謝の、夏の午後でした!


TIS Events:Solo Exhibitions

2011.03.30

TIS Events:Solo Exhibitions

2011.01.31

TIS Events:Solo Exhibitions

2011.01.26

Jerry Schatzberg 宅

2010.08.24

有名人宅シリーズ?今回はアメリカ映画「スケアクロウ」の監督でもあり、ファッションやロックミュージシャンの写真家でもあるジェリー・シャッツバーグ宅。マンハッタンの北西、因にセントラルパークウエストと呼ばれセントラルパークを東に見る最もディザイアブルな地区の一つといわれるアパートの一室。

長年使い込まれた家具や写真、絵などが並ぶコージーな居間と写真のストック部屋や小さなスタジオ。今時の大きなスタジオやモダンさはないけれど親近感のもてるお家でした。写真ではボブ・ディランの写真集が有名で私も分厚く美しいモノクロ写真集を見せてもらいました。フィルムの整理の他もちろんマックで写真のオーガナイズをされていていっぱい見せてもらいました!彼は今年83歳のお年。でも全然御若くてどう見ても70歳代。黒いコンバースをなにげに履いているかっこいいおじさまでした!ニューヨーク・ブロンクス生まれのユダヤ系アメリカ人。「スケアクロウ」に出ていたジーン・ハックマンが描いた小さな絵が飾ってあって「初めて描いた絵なのにうまいでしょ?彼はいろんな才能があるんだよ。」と言われたので、私は「え?じゃぁ、彼はユダヤ人ですか?」と言ったら「ちがうよ、でも今の君のリアクションは気に入った!」と言って笑ってくれました。木村のニューヨークミーハー生活です。

http://www.jerryschatzberg.com/

Hirschfeld宅

2010.08.17

今、ニューヨークに来ていますが、先日ハーシュフェルドさんのタウンハウスに行く機会がありました。

彼は99歳でなくなる何日か前まで絵を描いていたそうです。

ご自宅には、最後の奥様のルイズさんが住んでいらっしゃいます。

一階はキッチンとダイニング、2階は社交的なハーシュフェルドさんが大勢のお客様をもてなせる広いリビングルーム。若い頃に旅したバリ島などのマスクや彫刻がたくさん飾られていました。3階はいよいよ彼のアトリエ。北向きの窓を左に天井には大きな作り付けの明かり。木製の仕事机は刃物で削ったようなペンの跡がザラザラと刻まれ,絵の具の跡も。机自体がコンセプチュアルアートのように彼の仕事の長年の重みを伝えていました。そして有名な床屋さんの椅子。座らせてもらって大感激の木村でした。いたるところに彼の絵や写真、コレクションが飾られていてミュージアムのようでした。写真はミセス ハーシュフェルドさんと。リビングルームの壁画の前で。

TIS Events:Announcements

2010.08.17

TIS Events:Exhibitions

2010.07.15

TIS Events:Announcements

2010.05.18

All News